アートフェスタに参加

d0023647_024590.jpg
武藏丘陵森林公園(埼玉県 東松山)で行われているアートフェスタに美術部で出品しています。
プラスティック段ボールをいろいろなポーズをした人型に切って、くりぬいてセロハンを貼ったり、スプレーで色づけをしたり、スパンコールを貼ったり。
 ネット(体育祭の障害物走使用のもの)を木につるし、針金で固定しました。
 
 2年生と1年生でペアになって1体を作りました。丁度、新人戦で午後たっぷり使える期間に3日ほどで完成。上級生と下級生で協力して作った作品は講評会もやりとても充実した活動になりました。
d0023647_0321224.jpg
d0023647_033240.jpg

d0023647_0334291.jpg
d0023647_0352065.jpg

# by shigeshige05 | 2011-11-15 00:35 | 美術部

図工・美術の日

11月1日~7日は図工・美術の日。
 北海道の山崎先生の呼びかけで、いろいろなところでアクションがありました。
昨年は川越市立美術館の田中先生の呼びかけで立体作品を何点か出品させていいただきましたが、今年は立体が作りきれなかったので断念。

 と、いうことで15クラス、全員の作品を学校公開に提示することにしました。
展示といっても、空き教室はないし、教室の廊下側は窓ガラスだし。ということで画像の様につなげてみました。題材名は山崎先生が作っていただいたロゴマークを使わせていただきました。
 連にするだけは美術かがりにお願いしましたが、壁に貼るのは全部一人で黙々とやっていました。
最後に学年主任の先生が協力してくださいました。
 
 学校公開日では、熱心に作品を鑑賞してくださっている保護者の方がたくさんいましたが、授業が全部杯っていたためギヤラリートークはできませんでしたが、何人かの先生に「生徒の作品っていいね」「○○くんの作品好きだな・・」「◇◇の作品は性格がよくでてるね」と声をかけられました。

 こうした活動が美術教育の必要性を訴えていくのに大切なことなのだと改めて思いました。
d0023647_358084.jpg
d0023647_3583119.jpg

# by shigeshige05 | 2011-11-08 04:01 | 美術教育

親子で写生会

 父母の会の一環として「103の会」という組織があります。お父さん達がこどもたちの教育事業に積極的に関わっていこうという会です。小学校、中学校それぞれからお父さんたちが年に何回かレクリエーションを企画してくれます。
 先月、その会から「小学校で写生会を行うので指導してください」という依頼があったので引き受けました。
 中間テスト前だったのですが、美術部の生徒も何人か協力してくれました。
 頭書は「親子で写生会なんて集まらないのでは」と思っていたのですが、親子で60名くらい集まりました。

 親子で描く姿は本当にほのぼのとしていて、中学生も後輩達に積極的に声をかけていて、
素晴らしい企画でした。
 描いた後は会が作ってくれた豚汁をいただきながら昼食。鑑賞会。審査でした。

 保護者の方の熱の入れ方がすごくてびっくり。小学生は昨年度、指導した児童もいたのでとても楽しかったです。

 2年間小学校で指導したことで、少しでも図工教育に関心を持っていただけたことなのかとちょっと嬉しくなりました。

d0023647_2221293.jpgd0023647_222417.jpgd0023647_2231119.jpg
d0023647_2281118.jpg
 

# by shigeshige05 | 2011-11-06 02:29 | ワークショップ

ビー玉迷路

 小学校で図工指導するのが終了し、この4月から中学校に戻ることになりました。
 小学校2年目の題材を今、少しずつ整理しています。

 最後の授業は5年生「挑戦ビー玉迷路」開隆堂の題材です。
d0023647_2101449.jpg


 2学期に掘り進み版画をやった板の裏にアクリル絵の具で彩色してから電動糸のこぎり機で台を作ってから、段ボール、工作用紙、平テープ、ストロー、片段ボールなどでコースを作っていきました。特に平テープはネットで安く販売しているサイトを見つけたので色も豊富に揃えることができました。

 最後に縦割り学級の1年生を招待して発表会を行いました。

 2室ぶちぬきの集会室に5年生が外側に輪になって座っているところに1年生が内側に輪に座ります。
 
 それぞれが8班に分かれて、
①5年生が一人一人ビー玉迷路をPRします。
②1年生は実際ゲームをしてみます。
③ゲームが終わったら、5年生に鑑賞シールを渡します。赤はゲームがおもしろかった。黄色は色が素敵だった。緑は形がかっこいい。青は作り方がすごい。となっていて一人それぞれ6枚ずつ持っています。そのうち2枚をあげます。
④5年生はもらう時、「どこがそう感じたか」を具体的に聞きます。
⑤1班7分くらいで終了し、次の班に1年生が移動し同じことを繰り返します。

 1年生はだいたい4つくらいの班を回ることができます。

 1年生はとても喜んでゲームを楽しみましたが、5年生が一生懸命1年生に説明したり、感想を聞いている様子の方が生き生きしていました。

d0023647_1341859.jpgd0023647_1384082.jpg

d0023647_1404930.jpg
d0023647_1421256.jpg

d0023647_151218.jpg
d0023647_1522480.jpg

d0023647_158046.jpg
d0023647_1584277.jpg
d0023647_1591126.jpg d0023647_159467.jpg

d0023647_24954.jpg
d0023647_255365.jpg

# by shigeshige05 | 2011-04-06 02:12 | 図工教育

針金で芯を作る

 久しぶりの更新です。
 小学校の図工専科となって2年目に突入しました。
いろいろな課題に取り組んでましたが、先日。外付けのハードディスクを落として壊してしまい、1年間、指導した課題の作品、様々な児童・生徒展の画像が全部なくなってしまいました。ので、更新が滞ってしまいました。

 多少バックアップしたものをもとに、また、更新していきたいと思います。

 今日は川越市立美術館で行われた武蔵野美術大学 三澤先生のワークショップを見学させていただきました。小中学生と一般の方合わせて23名の参加。元気のいいこどもたちがいっぱいでした。
d0023647_231213.jpg
 ワークショップのイントロダクションとして緊張をほぐすためと、今日のテーマである「芯」を意識させるため、
「人間知恵の輪」を行いました。導入の仕方としてとても参考になります。みんな楽しそうでした。
 続いて「佐藤忠良展」を2班に分かれて1時間ほど鑑賞。いくつかの作品についてみんなでギャラリートーク。頭像の表情や立像の動きから作者がどんなことを考えて制作したのかを考えていきます。

d0023647_23123133.jpg

 「ここから、見た方が優しい感じがして好き」「ポーズがおもしろい、何を表現しているのかな」こどもたちからどんどん言葉が出てくる。それを拾いながらトークを進行していくことは、なかなかテクニックのいることだと思いました。

d0023647_23174178.jpg 

いよいよ「芯」の制作。材料はアルミの針金3本(60cm~70cm)と木片2つをビニールテープで繋げて最後に穴をあけた石に固定する・・・・という簡単なものですが、一人一人違うバランスや動きでそれぞれが個性ある作品にしあげていました。

 作る前は「芯」を意識すると立像が多いのでは?と予想していたのですが、忠良の作品が座っている像か゜多かったせいか、座像が3割をしめていたのは意外でした。

 その後、野外で撮影をする場所を決める段階になると、一人一人がもっとこだわりをもって自分の表現に熱中していたような気がします。「画像をとる」ことの意義が感じられました。

 私もあまっていた針金で作ってみました。タイトルは「飛躍」です。
d0023647_23181115.jpg

# by shigeshige05 | 2010-05-05 23:20 | ワークショップ

葉っぱの構成  彫り進み版画  小学5年生

 
d0023647_216265.jpg

彫り進み版画というものを教師になるまで知りませんでした。一版単色、一版多色は中学校でも取り組んでいましたが、経験したことがなかったのと複雑そうで敬遠していたのかも知れません。

 しかし、多版多色をもっと簡単にしたもので、作り方がわかれば多色版画の魅力を十分味わえることを知り、何年間か取り組んでいます。

 版画の良さはひとつの版で何度も刷りを試してみるところにあると思います。また、彫り直し、刷ることを繰り返すことで自分の表現を深めることが出来る良さもあります。

 そして、小学校4年生でたいがいの児童が高級な彫刻刀を購入するので、なんとか、彫刻刀を使う授業を入れなくては・・・とちょっと主婦目線もあります。一度使っただけで、二度と使わないのはもったいないですから。

今回、4年生で一版単色を経験していたので彫り進み版画をやってみることにしました。

 テーマに悩んで(4年では動物に取り組んでいたので)いたのが秋で、窓の外の紅葉を見ていてとっさに「いろいろな形の葉っぱをひろってきてスケッチしよう」と思いつきました。

 まずひろってきた葉っぱをB4の用紙に一枚一枚ちょっと離して実物大によくみてスケッチ。スケッチ後はその葉っぱにひかれた理由を発表し、さらにその良さを強調しながら単純化、強調化してスケッチの横にオリジナル葉っぱをデザインしていき、それを構成していくという制作をしました。

 単純化と構成のヒントとしてたまたま持っていた着物の端布を何枚かみせました。

 川に流れている葉、風に舞う葉、静かに落ちて重なっている葉、踊るような葉・・・いろいろな葉を想像しながら、あるいは並べてみた形のおもしろさを楽しんで制作していました。デザイン的な作品になってしまいましたが、時間がかかっただけに面白い作品にしあがってきたと思います。

d0023647_1594963.jpgd0023647_201874.jpg

d0023647_2151981.jpgd0023647_261086.jpg

d0023647_28101.jpg
d0023647_285288.jpg
d0023647_2101420.jpgd0023647_2125854.jpg

d0023647_222855.jpg
d0023647_2233135.jpg
d0023647_225714.jpg

d0023647_2262173.jpg
d0023647_2274727.jpg
d0023647_2284640.jpg

# by shigeshige05 | 2010-02-26 02:29 | 図工教育

6年 立体 生き物パリコレクション

今年の夏休みにバリに一週間程度行っていました。美術館・教会巡りの旅でしたが、市内のあちらこちらにあるギャラリーを覗いてみるのも楽しみでした。

その中でアフリカの色彩鮮やかな家具や雑貨、アクセサリーを売っているお店でおもしろい作品を見つけました。くちばしが髪留め、眼鏡のつるだったり、体が布だったり、空き缶だったり身近な材料で作った鳥です。

パリの作品
d0023647_12233372.jpgd0023647_12255343.jpgd0023647_12261960.jpg
d0023647_1225461.jpg
d0023647_1226551.jpg
d0023647_1236171.jpg


もちろん売り物なので、断って写真を撮らせていただきましたが、これを参考に立体の実践に取り組んでみました。身近な材料で生き物に見立てるという題材です。低学年では色々な箱、牛乳パック、ペットボトルや玉子パックなどで取り組んでいる作品です。
安定して立つことと、素材の持つ素材感や色などを効果的にいかせるような生き物になるように投げかけました。台座の木は学校に隣接する公園の伐採時期をねらってもらってきました。

d0023647_12425686.jpg d0023647_1246239.jpg

d0023647_12475659.jpg d0023647_1259384.jpg
d0023647_1249882.jpg

d0023647_12531770.jpg
d0023647_12534439.jpgd0023647_125484.jpg

d0023647_1257190.jpgd0023647_1257282.jpg
d0023647_1258375.jpg

d0023647_1304134.jpgd0023647_1311420.jpgd0023647_1313368.jpg

d0023647_1323287.jpgd0023647_1331050.jpg
図工室に集めておいた廃材も利用してもらいましたが、家から材料をたくさん探してきた児童もいて、色々な表現の工夫を試みていました。それぞれの個性が出た作品となりました。制作時間は2時間続きの授業で3週~4週くらいでした。
木を使った児童はやすりで磨いて丸みをつけたり、色を付ける、布を貼るなどの工夫をしました。
針金を木に固定するのが難しかったようです。木を削って台座に挿すという工夫も見られました。

# by shigeshige05 | 2009-12-28 13:12 | 図工教育

墨でドローイング

6年生2学期最後の授業、近美の「どろせん」を参考にドローイングの授業を実践してみました。
開隆堂の教科書にも「墨のうた」という題材があります。

まず、1時間目、教科書を参考に、広がる墨、かすれる墨、などを古紙の裏に個々でどんどん書きます。テーマは形のないもの、例えば感情、音、光、風、季節、好きな言葉・・・・テーマを考えないで、筆にまかせて描きながらテーマを見つけていくという方法で良いということを伝えました。

筆だけでなく刷毛、歯ブラシ、ぼかし網、スプレー、割り箸なども用意しました。

「おもしろーい」という歓声の中どんどん制作は進んでいきます。一人一人が「自分なり」の表現を楽しんでいました。

15分程描いて振り返りの時間、気に入ったもの何枚かを自分の机の上に並べて教室を歩き回りながら友達と作品について語る時間です。
「これかっこいい」「どうやったの?」と言葉が飛び交います。約10分たって、気になった作品について発表してもらう時間を少しもうけました。

d0023647_12271666.jpgd0023647_12231339.jpg
d0023647_12214477.jpg


2時間目は机の班ごとに4~5人で障子紙に共同制作。始めに大まかなプランを縮小した紙に描きながら話し合います(5分~10分程度)。制作時間は15分~20分程度。
普段、なかなか共同制作に取り組んでいないこともあって楽しそう。プリンターの詰め替え用インクを薄めたものも使用してみました。

d0023647_12545898.jpgd0023647_12552973.jpg
d0023647_12555875.jpg


片付けをしてから集会室に持っていき並べて振り返の時間を持ちました。それぞれ班ごとに・テーマ・表現したかったこと・表現の工夫・制作をしてみての感想を発表して貰いました。発表をするにあたって班の話し合いの時間をあまりもたなかったので十分振り返りができたかどうかということが反省点ですが、振り返りの活動は繰り返すことが大切なので続けていきいたと思いました。
d0023647_1325912.jpg

# by shigeshige05 | 2009-12-26 13:03 | 図工教育

埼玉近代美術館 どろせんに参加

 埼玉近代美術館「SMF アートのわっ!実行委員会主催」 高校生・中学生 アートダイバー養成プログラムというワークショップに参加してきました。10代の若者たちを中心に、アートが生み出される過程とそこにある難しさ、楽しさ、喜びを、「ドローイング」の体験を通して感じ取ってもらうことが目的です。ドローイングは具象を観察し正確に描くデッサンとは異なり、表現者の内面世界を素材を通して色や形に置き換えて迅速に描いていく行為で「下書き」とは異なり「ドローイング」自体が作品になっていきます。

 県内の小・中・高生が30人が集まり熱気の中でワークショップははじまりました。

 最初は埼玉大学の小澤教授から「ドローイング」についての講義がありました。講義はかなり専門的な内容でスタッフも知らないような作家のめずらしい「ドローイング」作品が多数紹介されました。約40分の内容でしたが、児童・生徒たちはくいいるようにスライドを見ていました。

 講義のあと、参考に持ってきていただいた「ドローイング集」を個々に鑑賞してから制作に入ります。
d0023647_23355087.jpg


 「どろせん」とは「ドローイング1000枚」の略で、30人で目標1000枚。

 用意された、墨、コンテ、水彩絵の具、アクリル絵の具、クレヨン・・・など選び、どんどん描いて行く生徒たちはひらめいたことをどんどん形にしていっているようで勢いがありました。中にはじっくり考えいてる生徒もいましたが、次第にその生徒の好きな色、形、雰囲気が体の内側からどんどん出てくるように見えてきました。

 昼食の時間になっても手をとめない生徒もいるほど集中して一人20枚前後の作品を描き、廊下の壁に掲示していきます。

d0023647_23363213.jpg

 そして、振り返りの時間。描き出した自分の表現を客観的に振り返り、言葉で表現することで、表現した内容を他者と共有していきます。講師の先生が一人一人の作品についてていねいに言葉をなげかけていました。

 今回、集まってきいたのは芸術系の学科に通っている高校生、美術部の生徒、お絵かき教室に行っている小学生・・・とアートに興味のある生徒だっただけに作品も素晴らしいものでしたが、授業で取り組んでみたらどんなことができるだろうとも考えました。アートバイバー募集のちらしに書かれたドローイングについての紹介文が授業にもいかせそうな文章なので紹介します。(埼玉近代美術館 教育普及課の山水先生から了解を得ています)

 
 あなたの中にはたくさんのあなたが眠っています。 
 それは言葉にならない感覚や思い、いつもは気づくことさえない、そんなあなたに出会ってみませんか?
 自分という海にダイブして、あなた自身に出会う旅、それがアートダイビングです。

 鉛筆、色鉛筆、水彩絵の具・・・・あなたの身近にある道具を使って、感じるままに何枚も何枚も心に浮かぶイメージを描いていく。
目に見えるもの、見えないもの・・・・どんどん描く・・・それがドローイング。

 うまい下手なんて関係ない。

 ふと、自分が描いたイメージを振り返るとき、まだ見ぬ自分にであうことでしょう。
 アートの神髄 これにあり!やってみるべし!
 


 このワークショップは次回の高校美術展でも開催されるそうです。30人で650枚描きました。今日参加した生徒たちがリピーターとなって1000枚に達するのが楽しみです。

 。

# by shigeshige05 | 2009-11-23 22:29

アートフェスタに参加しています。

  国営武蔵丘陵森林公園で行われている「アートフェスタ」に団体として参加しています。
  作品は図工室に遊びに来た児童たちが、図工室に保存してある木片や枝で作った「森の妖精」です。
  10月に搬入してから1ヶ月がたってしまい、その間に豪雨もあったてのでかな傷んでいたのでメンテナンスをしました。

  雨の続いた後の晴天の休日、天皇陛下即位20周年で入場料無料ということもあって来場者がひっきりなしでした。メンテナンスをしていると
  「かわいい!」「小学生の作品なんだ。」「ひとつひとつに味があるね」「たくさん集まると楽しいね」と作品をじっくり見てくださる方がたくさんいて、それをきっかけにギャラリートークをすることができました。デジカメや携帯で画像を撮って行く人もたくさんいました。保護者以外の方に作品を見て貰うというのもなんかドキドキしますが、他者に鑑賞してもらえると、作品を通して児童たちの表現したかったことが広がって行く楽しさがありますね。
d0023647_0253453.jpg
d0023647_026286.jpg
  
 偶然、勤務先の学区にお孫さんがいるというご夫婦とお話ができたのですが、(お孫さんは2才だそうですが・・・)
 「今の子たちは塾や習い事が大変で、勉強さえ出来ればよいという風潮があるけれど、本当はもっと手を動かしたり発想することが大切だ」というような話になり、「先生に教えてもらっている生徒さんは幸せね」と言われ、ちょっと照れくさかったですが、うれしくなりました。
d0023647_0262645.jpg


 「アートフェスタ」では地元のアーティストの方や高校の美術部や養護学校の生徒さんの様々なジャンルの作品が出品されています。またまた日頃の授業に使えそうなネタがあっておもしろいです。夜は作品がライトアップされ幻想的な空間になります。ライトアップではさらに足を止めて行く人が増えます。
d0023647_0265031.jpg


 主催者の奥西さんともお話しさせていただきましたが、教室の中で基礎基本を学ぶことも大切ですが、若いアーティストや児童・生徒がどんどんアトリエや教室から出て行って活動することや作品を見ること、見て貰うことは大切だと感じました。
 
d0023647_0271427.jpg
d0023647_0304979.jpgd0023647_0311249.jpg

# by shigeshige05 | 2009-11-17 00:34 | 図工教育