<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

埼玉近代美術館 どろせんに参加

 埼玉近代美術館「SMF アートのわっ!実行委員会主催」 高校生・中学生 アートダイバー養成プログラムというワークショップに参加してきました。10代の若者たちを中心に、アートが生み出される過程とそこにある難しさ、楽しさ、喜びを、「ドローイング」の体験を通して感じ取ってもらうことが目的です。ドローイングは具象を観察し正確に描くデッサンとは異なり、表現者の内面世界を素材を通して色や形に置き換えて迅速に描いていく行為で「下書き」とは異なり「ドローイング」自体が作品になっていきます。

 県内の小・中・高生が30人が集まり熱気の中でワークショップははじまりました。

 最初は埼玉大学の小澤教授から「ドローイング」についての講義がありました。講義はかなり専門的な内容でスタッフも知らないような作家のめずらしい「ドローイング」作品が多数紹介されました。約40分の内容でしたが、児童・生徒たちはくいいるようにスライドを見ていました。

 講義のあと、参考に持ってきていただいた「ドローイング集」を個々に鑑賞してから制作に入ります。
d0023647_23355087.jpg


 「どろせん」とは「ドローイング1000枚」の略で、30人で目標1000枚。

 用意された、墨、コンテ、水彩絵の具、アクリル絵の具、クレヨン・・・など選び、どんどん描いて行く生徒たちはひらめいたことをどんどん形にしていっているようで勢いがありました。中にはじっくり考えいてる生徒もいましたが、次第にその生徒の好きな色、形、雰囲気が体の内側からどんどん出てくるように見えてきました。

 昼食の時間になっても手をとめない生徒もいるほど集中して一人20枚前後の作品を描き、廊下の壁に掲示していきます。

d0023647_23363213.jpg

 そして、振り返りの時間。描き出した自分の表現を客観的に振り返り、言葉で表現することで、表現した内容を他者と共有していきます。講師の先生が一人一人の作品についてていねいに言葉をなげかけていました。

 今回、集まってきいたのは芸術系の学科に通っている高校生、美術部の生徒、お絵かき教室に行っている小学生・・・とアートに興味のある生徒だっただけに作品も素晴らしいものでしたが、授業で取り組んでみたらどんなことができるだろうとも考えました。アートバイバー募集のちらしに書かれたドローイングについての紹介文が授業にもいかせそうな文章なので紹介します。(埼玉近代美術館 教育普及課の山水先生から了解を得ています)

 
 あなたの中にはたくさんのあなたが眠っています。 
 それは言葉にならない感覚や思い、いつもは気づくことさえない、そんなあなたに出会ってみませんか?
 自分という海にダイブして、あなた自身に出会う旅、それがアートダイビングです。

 鉛筆、色鉛筆、水彩絵の具・・・・あなたの身近にある道具を使って、感じるままに何枚も何枚も心に浮かぶイメージを描いていく。
目に見えるもの、見えないもの・・・・どんどん描く・・・それがドローイング。

 うまい下手なんて関係ない。

 ふと、自分が描いたイメージを振り返るとき、まだ見ぬ自分にであうことでしょう。
 アートの神髄 これにあり!やってみるべし!
 


 このワークショップは次回の高校美術展でも開催されるそうです。30人で650枚描きました。今日参加した生徒たちがリピーターとなって1000枚に達するのが楽しみです。

 。

by shigeshige05 | 2009-11-23 22:29

アートフェスタに参加しています。

  国営武蔵丘陵森林公園で行われている「アートフェスタ」に団体として参加しています。
  作品は図工室に遊びに来た児童たちが、図工室に保存してある木片や枝で作った「森の妖精」です。
  10月に搬入してから1ヶ月がたってしまい、その間に豪雨もあったてのでかな傷んでいたのでメンテナンスをしました。

  雨の続いた後の晴天の休日、天皇陛下即位20周年で入場料無料ということもあって来場者がひっきりなしでした。メンテナンスをしていると
  「かわいい!」「小学生の作品なんだ。」「ひとつひとつに味があるね」「たくさん集まると楽しいね」と作品をじっくり見てくださる方がたくさんいて、それをきっかけにギャラリートークをすることができました。デジカメや携帯で画像を撮って行く人もたくさんいました。保護者以外の方に作品を見て貰うというのもなんかドキドキしますが、他者に鑑賞してもらえると、作品を通して児童たちの表現したかったことが広がって行く楽しさがありますね。
d0023647_0253453.jpg
d0023647_026286.jpg
  
 偶然、勤務先の学区にお孫さんがいるというご夫婦とお話ができたのですが、(お孫さんは2才だそうですが・・・)
 「今の子たちは塾や習い事が大変で、勉強さえ出来ればよいという風潮があるけれど、本当はもっと手を動かしたり発想することが大切だ」というような話になり、「先生に教えてもらっている生徒さんは幸せね」と言われ、ちょっと照れくさかったですが、うれしくなりました。
d0023647_0262645.jpg


 「アートフェスタ」では地元のアーティストの方や高校の美術部や養護学校の生徒さんの様々なジャンルの作品が出品されています。またまた日頃の授業に使えそうなネタがあっておもしろいです。夜は作品がライトアップされ幻想的な空間になります。ライトアップではさらに足を止めて行く人が増えます。
d0023647_0265031.jpg


 主催者の奥西さんともお話しさせていただきましたが、教室の中で基礎基本を学ぶことも大切ですが、若いアーティストや児童・生徒がどんどんアトリエや教室から出て行って活動することや作品を見ること、見て貰うことは大切だと感じました。
 
d0023647_0271427.jpg
d0023647_0304979.jpgd0023647_0311249.jpg

by shigeshige05 | 2009-11-17 00:34 | 図工教育

まつりグッズ

 先週、職場の小学校で「おまつり」の行事がありました。
校庭の200メートルトラックの外側に各クラスごとに「お店」を出します。小学校版学園祭といったところでしょうか。

 迷路、ペットボトルボーリング、魚釣りゲーム、占い、スライムづくり、ミサンガづくり、クイズコーナー、ストラックアウト・・・・・いろいろなお店をクラスごとの工夫で出して、それを前半、後半にわけて回って行きスタンプラリーをします。

 1年生は各クラスの特色ある「おみこし作り」。オープニングでそれを担いでトラックを練り歩きます。
 私が一番気に入ったのは焼き芋がのっているおみこし。秋らしくて素敵でした。
d0023647_1103613.jpg

 こどもたちの小学校でも縦割りで同じような「おまつり」をやっていたのですが、一度だけしか参観したことがありませんでしたので、とても新鮮に感じました。

 特に目をひいたのが、それぞれのクラス手作りの「まつりぐっず」
 段ボールとビニール袋で作ったきぐるみで登場した男の子たちのかわいらしさといったら・・・・
 牛乳パックで作ったおそろいのサンバイザーもとってもお洒落でした。
d0023647_194114.jpg
d0023647_1203613.jpg

 ゲームで使うグッズも造形的におもしろいものばかりです。
 魚釣りゲームでは紙とクリップで魚を作るのはよくありますが、スズランテープを大きな水槽?に張り巡らしてその中に魚を入れているのがちょっとした工夫です。張り巡らしているテープで紙の魚が見えづらいんですが、ゲームの難易度をあげているだけでなく、水の表現が素敵だとおもいました。
d0023647_143551.jpg
d0023647_1112574.jpg
d0023647_1163946.jpg

 段ボールを使ったもの、ペットボトルや缶を使ったもの。
 担任の先生達が今まで指導されたこともいかされていると思いました。
 逆に私はこのまつりからたくさんの授業のヒントを貰ったような気がします。
d0023647_1175572.jpg
d0023647_1244310.jpg

d0023647_1265490.jpgd0023647_1282152.jpg

d0023647_129953.jpg
d0023647_1304817.jpg

d0023647_1373810.jpg
d0023647_1381480.jpg

by shigeshige05 | 2009-11-14 00:46 | 図工教育

小4 なんじゃこりゃの顔

夏休みの勉強会で八石小の田尾先生に教えていただいた題材です。

30×40cm厚さ4mmの板材を四人に1枚渡して好きなように4分割し、電動糸のこぎり機で切断します。
後は廃材となった木片や針金、自分で持ってきたビーズや毛糸などでパーツを作ります。

階段の壁に全員の作品を展示しました。壁をはがさないように大和のりで固定する方法も田尾先生に教えていただきました。先生方にもとても好評です。ネーミングもユニークです。

d0023647_1764836.jpg

d0023647_1781588.jpgd0023647_1772167.jpg

d0023647_17143816.jpgd0023647_17112575.jpg
d0023647_1712535.jpg
d0023647_17105774.jpg
d0023647_17202334.jpg

d0023647_17234996.jpg
d0023647_17243251.jpg
d0023647_17251160.jpg

d0023647_17332939.jpg
d0023647_1752914.jpg
d0023647_17564091.jpg

d0023647_17352359.jpg
d0023647_18113527.jpg


タイトル 上・左から イケメン兄さん・悲しくてヘンな顔・よっぱらったおじさん
めがねをかけた女の子オバケ・結婚したいけどいつもフラれている女
にこっと笑ったピエロ・アホヅラのおっさん
びっくりしているピエロ・インド人ギャル・なきむしにんじゃのブタ丸
ぼうしをかぶったびっくり女の子・わられた顔半分・ヘビを見てびっくり
魚屋のおばちゃんいつもニコニコ・タバスコずきな宇宙人のおっさん・年をとった王様
       ・こまっているお姉さん・こわもてピエロ・かっこつけているおとうさん・陽気なサン子さん

by shigeshige05 | 2009-11-01 17:37 | 図工教育

小5 想像をもとにして描く

d0023647_15242128.jpg

マープリング、スパッタリング、シャボン玉、ドリッピンク゜、ぼかしなどを体験した後に、その技法をもとに発想して想像画を描きました。テーマは「不思議な世界」。もう少し発想の段階で投げかけることはなかったかと反省する内容でもあります。

d0023647_15104244.jpgd0023647_15111791.jpg

d0023647_15151459.jpg
d0023647_1516555.jpg

d0023647_15173366.jpg
d0023647_1518965.jpg
d0023647_15204688.jpg
d0023647_15225368.jpg

d0023647_15235010.jpg

by shigeshige05 | 2009-11-01 15:25 | 図工教育

小3 わたしはぼくはパテシェ

久しぶりの更新です。ちょうど1年間の半分を過ぎたので、1学期に指導した内容から少しずつアップしていきます。

小3の粘土に色をつけてを扱う題材です。
ペットボトル2つを切って貼り合わせることでパフェカップを作り、その中に粘土を貼り付けてアイスとクリームが混ざった部分をつくりました。粘土を詰め込んで、重たくなると安定が悪くなるので、ペットボトルの中は空洞にして発泡スチロールで蓋を作りました。その蓋にアイスやクッキーなどをデコレーションします。空洞にすることで中に何かいれることもできる楽しみもあります。

ケーキを作りたい児童には段ボールで型紙をつくりました。蓋は接着していません。

粘土をねじったり、型で切り取ったり、クリーム状のしぼりだしたり、とても楽しんでいました。

d0023647_14175893.jpgd0023647_14183276.jpgd0023647_14274687.jpg


d0023647_1428273.jpgd0023647_14291034.jpgd0023647_14295139.jpg


d0023647_14305233.jpg
d0023647_1435288.jpg
d0023647_14364527.jpg


by shigeshige05 | 2009-11-01 14:38 | 図工教育