小3  コラージュ 「カラフルな生き物」

d0023647_17615.jpg
本年度から小学校で授業をし始めた訳ですが、やはり最初にとまどったのは授業時間です。中学校は改訂により2,3年生は週1時間で35週で、1年生は1,5が20週と1が10週で35週です。

 小学生はてっきり週2時間あるものだと思っていたらとんでもない。最初3年から6年まで各4クラス、各1時間ずつ16時間という時間割でした。しかし、1時間は45分。図工室にチャイムがなってから並んでくるので結局5分遅れて始まり、後片付けも10分近くかかるので授業は約30分。ほとんど何もできません。

 最初は少しづつ進んでという方法をとっていましたが、今では隔週で2時間続きの授業にしてもらっています。

 3年生は特にどのくらいの力があるのか見当もつかないので、最初水彩絵の具で筆の使い方のひとつの学習として縞や渦を描きいくつかパターン紙を作り、それをもとに「カラフルな生き物」と題してコラージュをしてみました。エリック・カールの「はらぺこあおむし」をイメージしたのですが、どうでしょう。こどもたちはとても楽しそう取り組んでいました。
d0023647_0423435.jpgd0023647_105233.jpg
d0023647_163849.jpg
d0023647_154746.jpg


d0023647_1115267.jpg
d0023647_1144226.jpg
d0023647_1123734.jpg


# by shigeshige05 | 2009-06-19 01:04 | 図工教育

体育祭パネル

 先日、前任校の体育祭が順延で行われ、ちょっと覗いてきました。授業が満杯だったので昼休みにちょっとだけ、というのも異動先が隣の学校なので。

 見たかったものは美術部が5色、学年を縦割りにしてで描いた各色の応援パネル。9枚の全紙のボール紙にポスターカラーで描いています。

 4年前異動した当初、部員は多かったけれど幽霊部員が多く、何か美術部が他の生徒や先生に認められる活動がしたいと2年目から取り組みました。これをきっかけに幽霊部員はほとんどいなくなり、他の活動も活発になってきました。
d0023647_23572587.jpgd0023647_23565893.jpg
d0023647_2356235.jpg

d0023647_2357999.jpgd0023647_23575369.jpg
  1年目はとにかくやってみようということで特にテーマはな各色のイメージで描きました。初めての共同制作で、しかも体育祭まで10日くらいの活動で仕上げました。






d0023647_6392728.jpgd0023647_6421624.jpg
d0023647_6433844.jpg

d0023647_6442970.jpg
d0023647_6445298.jpg
昨年度は映画をテーマにしました。スパイダーマンの完成度の高さは部外の生徒や保護者にも「美術部すごいね」と言われました。この時期50人も部員がいたのですが、半数は転部者でしたが、最後までしっかり取り組めたと思います。

今回、異動してしまっのでパネル制作を行うかどうかが心配でしたが、ほとんど自分たちで計画、実行し1,2前よりも早くから取り組み、体育祭の1週間以上前に仕上がったそうです。今年のテーマは「妖怪」
d0023647_6523481.jpgd0023647_6525371.jpgd0023647_6585424.jpg

d0023647_70956.jpg
d0023647_703076.jpg

# by shigeshige05 | 2009-06-13 00:11 | 学校

日本画に挑戦

 
d0023647_18274793.jpg今日は埼玉近代美術館の「アートの森」と小中学生向けのプログラムを見に行きました。

 昨年度から埼玉近代美術館のサポートスタッフとして美術教育普及のお手伝いをしています。と、言うより授業のネタ捜しに勉強をさせていただいているという感じです。

 いろいろな授業実践の冊子やレポートうなどを参考にさせていただいてますが、実際にこども達に接しその反応を見ながら題材研究をする絶好の機会です。

 今日は本当は次男の体育祭だったので行く予定はなかったのですが、雨天で順延になり急遽決めました。
 と、言うのは今日の題材が「日本画」の制作でとても興味があったからです。

 最初に水干絵の具に膠を混ぜて指で溶きます。初めての体験にのこどもたちは真剣に一生懸命溶いていました。

d0023647_1865279.jpg
d0023647_1874921.jpg


その後常設展の場所で日本画の鑑賞をした後、制作にかかります 今回は金粉を膠でといたものをドーサ引きしてある色紙2枚に塗ったものを使って一双二曲の屏風制作です。屏風の折り返しを考えたり、二つ並べることで横長の構成をしたり、二つ対になるものを配置したり、こどもなりに豊かに発想していました。

 日本画というと画材が高価なように思いますが、講師の先生にお聞きしたころ安いものもあるということなの
で、工夫して授業に取り入れてみたいと思いました。

d0023647_18243970.jpg
d0023647_18253499.jpg

 デジカメを持っていつたのですが、バッテリーを忘れ、携帯の画像です。 
d0023647_18293979.jpg


 

# by shigeshige05 | 2009-06-06 17:55 | 美術館・美術展

小6 花の夢

d0023647_9121223.jpg

長い間このブログを放置していました。図工・美術教育専用にリニューアルしていきたいと思います。
 
 今まで中学校の美術を指導してきましたが、本年度より小中学校の人事交流事業として図工専科を2年間だけ勉強する機会を与えられました。

 まったく初めての現場で試行錯誤の毎日ですが、こども達が楽しそうに図工室に来てくれることが励ましになっています。2年間で原点にもどり美術・図工教育の意義ついて深く考えてみたいと思っています。

 この日記では日々の実践を少しでもアップできたらと思っています。

 まず最初は小六の平面作品「花の夢」です。教科書(開隆堂)のしょっぱなに載っています。少しアレンジしてみたのは始めにスポンジ、ローラー、スパッタリングなどで下地を作っておいてからコンテ・チョークで描いてみたことです。


 d0023647_9413564.jpgd0023647_920530.jpg

 
初めての画材でしかも、観察というよりイメージで描く題材だったので、苦手な子ものひのびと楽しそうに制作していました。


d0023647_9243430.jpgd0023647_9252944.jpg

d0023647_9225069.jpg
d0023647_9493069.jpg

d0023647_9504127.jpg
d0023647_95324.jpg

d0023647_9234983.jpgd0023647_9241217.jpg
d0023647_10191892.jpg
d0023647_10193866.jpg

# by shigeshige05 | 2009-06-06 09:54 | 図工教育

体育祭パネル

d0023647_2541649.jpgd0023647_315467.jpgd0023647_2553217.jpg












d0023647_31237.jpgd0023647_313079.jpg
d0023647_3105477.jpg


順延になった体育祭。それでも、各学級が精一杯取り組んだ。パネルも例年より力が入っていたと各担任の先生からもコメントをいただいた。。その取り組みの集中力の素晴らしさ!行事での共同制作は醍醐味があると感じさせられました。
更新が諸事情によりしばらくできませんでした。雑多な毎日の事柄は楽天のブログに移動し、このブログは美術的なことに絞っていこうかと考えていますが、画像の貼り付けを考えると迷うところです。

# by shigeshige05 | 2005-10-26 03:07 | 美術教育

体育祭パネル制作

d0023647_122531.jpg
ここ2週間ぐらいブログの更新ができません。2学期に入ってすぐ24日(土)に行われる体育祭の準備に取りかかっていて忙しかったからです。
我が校では体育祭にクラスパネルをグランドのフェンスに飾るのが伝統となっています。パネルは模造紙大の白ボール紙をを横3枚縦3枚で9枚つなげた大きさです。
d0023647_056038.jpg
1学期の美術の授業で説明をしておいてアイデアスケッチが全学年宿題になります。始業式で集めて、美術係が掲示して各学級でどのアイデアにするか話し合います。9日が文化発表会だったため、実質的な制作期間は一週間なのでちょっとつらいものがありますが、生徒達の意欲には感心させられます。体育祭前日、それまでクラスで作業していたものを体育館に運んで、つなげる作業をしてから仕上げで細かいところを修正していきます。d0023647_059230.jpg
特に3年生はどのクラスも真剣で気合いがはいっています。それを見た下級生達はもう3年生のパネルにくぎづけです。この様に毎年、上級生を見習って、技術や心構えを自ら学んで行くのです。共同制作の醍醐味、9枚が並ぶと圧巻で、体育祭を盛り上げてくれます。
あいにく、24日(土)雨で中止となりました。火曜日の順延開催が楽しみです。

# by shigeshige05 | 2005-09-25 00:32 | 美術教育

上履きを見て描こう

d0023647_474347.jpg支援学級の美術を週に1~2時間担当しています。題材は支援学級の担任の先生と相談しているのですが、まだまだ勉強不足でどんな題材がいいのか悩みます。他の教科と違って、何かを覚えたり、知識として理解することが他の子より多少時間がかかるだけのことで、美術はこの子達にとって感性のままに取り組むことがのびのびした作品になるのではないかと思うのですが、支援学級の担任は「この子供たちは見て描くという能力を伸ばしたいので観察し絵画をやってください。」と言うことをよく言われます。生徒達も良く取り組んでいます。d0023647_471473.jpgしかし、個人差があってと゜んと゜ん進められる子はいいのですが、ひとつひとつ「線はここまで描いて」と指で示し、「色は何色と何色を混ぜて」とパレットに色を作ってあげることもしばしば・・・・
ブログでお世話になっている北海道の山崎先生「自然と美術と教育と」で「酒井式」の授業について考察されていますが、この子たちにとって「うわばきを描く」ということが技術的な指導だけに終わっていないか、「うわばき」というものに思いをはせて描けたのか・・・他にのびのびと描ける題材に重点を置いた方がよいのか・・・少し悩んでいます。d0023647_482596.jpg
d0023647_481116.jpg






d0023647_483849.jpg

# by shigeshige05 | 2005-09-09 04:08 | 美術教育

万華鏡

d0023647_237168.jpg
今日は地区の納涼祭。小さな地区なのですが、けっこう人が集まりました。こんなに住んでいる人がいたのか・・・・と思うほどでした。地区の育成部(子供会)役員なので、スーパーボールすくいや輪投げなどのゲームの係をしました。娘が万華鏡をもらってきたので懐かしくのぞいてみました。先日の研修会の続きで光を使ったおもちゃなので夢中になりました。携帯で映像を撮ってみたら意外とうまくいきました。授業で生徒にやらせてみたら楽しいかも・・・

# by shigeshige05 | 2005-08-06 23:07 | その他アート

図工・美術実技研修会参加

d0023647_10404822.jpg

今日は地区の図工・美術、実技研修会に参加しました。毛呂山町立東公民館というかなりいなかの会場でしたが、木造でゆったりしたつくりの公民館で建物のデザインもすばらしい会場でした。選んだコースが光と影を使った題材ということで初めはOHPや懐中電灯でいろいろな素材に光を当ててみよう・・という取り組みでした。カット柄のあるコップに懐中電灯を入れてみると、美しい模様が現れました。また、透明な器にビー玉を入れてOHPでスクリーン映し出し、扇風機で水面をゆらしてみると夏らしい涼しい画像が浮かびあがりました。d0023647_1034583.jpg












d0023647_10413886.jpg

後半は障子紙やセロハンを使って会場を飾っていろいろな光やブラックライトを当てるという作業。子供達と同じ気持ちでわくわくしながら取り組みました。色々な蛍光のペンやスプレーで着彩することでさらに不思議な世界がうまれます。エンヤの曲がBGMでまたまたまアートな雰囲気が盛り上がっていました。
d0023647_10485716.jpg

d0023647_1042828.jpg

こんな授業がどの学校でもできるといいのですが、時間、準備、会場を考えるとなると簡単にはいかないようです。

# by shigeshige05 | 2005-08-04 23:59 | 研修会

1年生の作品「新しい友達を紹介します。」

 中学校の最初の美術の授業。今までいろいろな課題でやってみましたが、授業時間が減ってからあえて、人物画に取り組んでいます。「最初は人物画を描きます」というと大抵の子供は「えーっ」と言いますが、やはり描くことの基本は人物にかなりの要素が含まれているのかなと思っています。先輩の先生に教わったのですが、あえて男子は女子を、女子は男子を描くようにペアを組みます。異性を描くなんて多くの子にとって初めてで最後かもしれません。しかし、思春期の男女の違い、例えば、描線の違いや、肌の色の違いなどの見た目や、優しい、逞しいなどの雰囲気の違いを異性の目で感じ取ることはとても意義のあることだと思います。性教育にも関連する要素があると思います。
 しかし、小学校の図画・工作の時間ではあまり見て描くことをしていないのでみんな最初は引き気味です。「こんな課題をやっていると美術がおもしろくなくなるよ」と研修会で指摘されたこともありますが、そうならないように、達成感が持てるように展開します。
 最初はクロッキーから始めます。最初はなかなか描けないようなのですが、次第に慣れてきます。本番の描き初めはお互いを理解するようにインタビューの時間をもうけます。構図の取り方、着彩の順番、パレット絵の具の使い方、肌色の作り方・・ひとつひとつに時間をかけるのでどうしても一学期間かかってましいます。
 しかし、多くの子が自分の個性を出していきいきと描いていました。

d0023647_1422828.jpgd0023647_1425961.jpg
















d0023647_1432658.jpgd0023647_1435741.jpg

















d0023647_1442321.jpg
d0023647_1454019.jpg

# by shigeshige05 | 2005-07-22 01:45 | 美術教育